これからもずっと綺麗な髪にしたい…予防美容専門サロン

予防美容専門サロン

オンラインショップ

24時間WEB予約

Facebook

Menu Close

スタッフブログへ

2017/02/23

■腸内温度と筋肉の関係■満尾です!!

カテゴリー名:髪のデータベース

この記事は約1分で読めます。

おはようございます🌅

こんにちは🌞

こんばんは🌚

皆さんの平熱は何度ですか?

3〜4日の朝・昼・晩で測ってみて下さい👍

日本人では50年前の平均は36.89度‼️

現在では36.20度にまで下がりマイナス0.69度‼️

体温が1度下がると免疫力は30%低下すると言われています😳

低体温を引き起こす原因は日常生活の中でいろいろありますが、

なぜ今回は筋肉について着目しているのか?

それは筋肉が最大の熱生産器官だからです🕺🏻

昔の日常は全て手作業による掃除・洗濯・調理でしたし、

車もなく移動は徒歩🚶

エレベーターもエスカレーターも何もなく、

日常的に体を動かしていました🕺🏻💦

しかし今の現代人は凄まじい技術の進歩により急激に生活が豊かになりました‼️

便利なのは生活を楽にしますし、

僕自身50年前の生活に戻りたいかと言うとそれは無理だと思います😅

なので低体温になる原因を知り、

対策をお教えしたいと考えます👍👍

 

①筋肉が衰えて基礎代謝が低下

体温が下がり基礎代謝が衰えカロリーを消費出来ない事で内臓脂肪が増加します💦

内臓脂肪組織は20種類以上の悪玉ホルモンが分泌され、がん・高血圧・糖尿病などの原因になります😱

②エアコンの温度調整

脳の視床下部にある体温中枢を刺激する機会が失われると、

体温を調整するための発汗中枢が作動しなくなります😱

③人間関係・労働環境・家族関係などが複雑化

ストレスによって分泌するホルモンは、

筋肉を分解することによってストレスを緩和するために、

ストレスが強いと筋肉をやせさせてしまいます😱

 

様々な原因がありましたね😓

それでは具体的に体温を上げ健康を手に入れる方法を次回いくつかご紹介しておきます👍👍

 

オンラインでのご予約はこちらから

24時間Web予約

髪についてのご質問お待ちしています。

髪についてお問い合わせはこちらから

キーワード検索

カテゴリー

スタッフ

アーカイブ

人気記事

今までのブログはこちら