これからもずっと綺麗な髪にしたい…予防美容専門サロン

予防美容専門サロン

オンラインショップ

24時間WEB予約

Facebook

Menu Close

スタッフブログへ

2017/10/18

【これからの季節の入浴法】

カテゴリー名:体の冷えで白髪になる?, 髪のデータベース

この記事は約2分で読めます。

厚着をしてもなかなか体が温まらない💦

温めてもすぐに冷えてしまう💦

冷え性に悩む人にとって、冬はつらい季節ですね。そんな厳しい季節を乗り切るために活用したいのが”お風呂”です。

毎日の入浴習慣に少し工夫を加えることで、つらい冷え性とさよならできるかもしれませんよ😁😁

冷えた体を温める条件

「熱を作って、運んで温める」

冷え性とは、手足が温まらず冷えた感覚が続いている状態ですね😱😱

その原因には、体温調節をする「自律神経」の乱れや血液循環の悪化などがあげられますが、ほとんどの場合は冷たい外気などに手足が触れることで“冷え”を感じているだけとも言われているのです❗️❗️

冷え性という人の多くは単に皮膚表面が冷たくなっているだけで、血行に問題のない方もいるみたいですね❗️❗️

少しだけ血流を促して手足に温かい血液が行き届くようにすれば、体全体が温かくなり、冷え性の症状が楽になりますよ😃😃

まず“熱を作る”というのは、体が温まるものを食べたり、運動をして筋肉を温めたりすること❗️

“熱を運ぶ”は、温かくなった血液が体を巡って手足の指先まで熱を到達させること。

そして、冷えて血管が収縮してしまわないように、厚手の服を身に着けて温めたい部分を“保温する”のです。

この3つの要素を一度に満たせるのがお風呂ですね😁😁

温かいお湯に浸かって熱を作り、その温かさで広がった血管の中を血液が巡って熱を全身に運び、風呂から出た後も、すぐにタオルで拭いて暖かい衣服を早く身に着けて保温するということが大事ですね❗️❗️

毎日の入浴にひと工夫!これであなたも冷え性改善❗️❗️

やや熱めのお湯で全身を温める

やや熱めに感じる41~42℃のお湯に入ると血行がよくなります。

少し長めにお湯に浸かれば、血管が拡張している時間も長くなります。41℃なら15分、42℃なら10分程度が良いと思います❗️

バスソルトを使用する

バスソルトの効果は

* 1)発汗作用による体内の毒素排出
* 2)血行を良くする事で冷えやむくみを改善
* 3)体内の酵素の働きを改善し代謝をあげる
* 4)脂肪を燃えやすくする
* 5)肌荒れの改善
* 6)月経前症候群(PMS)の改善

ハーツでもオリジナルバスソルトの取り扱いがございますのでお問い合わせくださいね😁

 

熱めのお湯で手浴&足浴

湯船に浸かってさらに、手浴や足浴をするのも効果的です❗️

やや高めの42~43℃のお湯で10分程度、手や足を温めてください。バケツや足浴用の小さな浴槽はお湯が冷めやすいので、途中でお湯を足して温度を確保してくださいね😁😁

まとめ

これからの季節はお風呂にしっかり浸かって温まることで、自律神経が整い睡眠の質も上がります❗️❗️

毎日お風呂にゆっくり浸かるのも時間がかかって大変だとは思いますが、1日のご褒美になるべく浸かってあげてくださいね😁✌🏻✌🏻

 

オンラインでのご予約はこちらから

24時間Web予約

髪についてのご質問お待ちしています。

髪についてお問い合わせはこちらから

キーワード検索

カテゴリー

スタッフ

アーカイブ

人気記事

今までのブログはこちら