これからもずっと綺麗な髪にしたい…予防美容専門サロン

予防美容専門サロン

オンラインショップ

24時間WEB予約

Facebook

Menu Close

スタッフブログへ

2018/02/14

■デトックスの必要性■

カテゴリー名:髪のデータベース

この記事は約3分で読めます。

こんにちは!

チーフの満尾です!!

今回のテーマは『入れるより出せ』

と、

言う事で、

デトックスについて考えてみましょう!

デトックスとは?

デトックスとは解毒・浄化という意味で、

より健康になるために、

体の中に溜まった毒素を便や尿、

汗により排出することを言います。

人にはもともと不要物を排出するシステムが備わっていますが、

現代社会にはストレスや睡眠不足、

食品添加物の多い食事・大気汚染・電磁波など、

体に悪影響を与えるものが溢れていますので、

それらをなるべく排除し、

解毒していくことが必要不可欠です。

僕たちが毎日しているシャンプーなどの皮膚を介する毒は、

通常の食事で口から侵入したときに比べて、

排泄機能がうまく働かず、

体に90%近く残るものもあります!

その毒を「経皮毒」と言われています。

生活習慣病を予防・改善するためには、

生活習慣の中でもとくに食生活を見直すだけではなく、

これまでの生活習慣により体内を汚染している様々な毒素を取り除くことが効果的です。

その上でデトックスすることで、

私たちの体に本来備わっている免疫力が強化され、

自然治癒力が高められます!!

 

有害となりうる物質

食品添加物

日本人は1年間に6.7キロの食品添加物を食べていると言われています。

防かび剤・合成保存料・発色剤・糊料・乳化剤など。

 

残留農薬

市販の農作物には30〜40%ほど農薬が残留しています。

中毒症状など人体への影響があります。

 

大気汚染

自動車の排気ガス、

酸性雨、光化学スモッグなど。

 

有害化学物質

化粧品やシャンプー、

歯磨き粉に含まれる保存料、

酸化防止剤、合成界面活性剤は肌や口腔粘膜から侵入し、

体内に蓄積されると言われています。

 

環境ホルモン

人体や生態系に悪影響が出るホルモンに似た働きをする物質です。

ダイオキシン類、PCB(ポリ塩化ビフェニル類)、合成樹脂原料のビスフェノールA、DDTなど。

住宅の建築資材から出るホルムアルデヒド、

クッキングペーパーや紙コップからも疑われる有害物質が発見されています。

正常なホルモンを攪乱させてしまいます。

 

発ガン性物質

水道水に含まれるトリハロメタンなどの有害塩素化合物。

体の中で発ガン性物質に変化する食品添加物もあります。

 

薬品

薬の一部、歯の詰め物、

予防接種には水銀・ヒ素・アルミニウムなどの、

有害金属が含まれています。

 

紫外線

オゾン層の破壊によって強くなっています。

 

重金属

土地の汚染、魚など食物連鎖による汚染で、

脳や脂肪組織などに蓄積されます。

歯の詰め物のアマルガムなども。

 

ダイオキシン

ゴミ焼却場などから放たれ、

正常なホルモンを攪乱させてしまいます。

 

遺伝子組み換え食品

人工的に処理されたため、

アレルギーなどの発生が起こる可能性があります。

 

ストレス

ストレスは腸内環境のバランスを崩し、

体内に有害物や老廃物が蓄積するきっかけになります。

 

タバコの煙

副流煙などによる健康被害。

 

 

老廃物がたまることによる症状

◆体が冷える

◆便秘症

◆肥満

◆代謝機能が落ちる

◆ホルモンバランスが崩れる

◆アレルギーや生活習慣病の原因になる

 

 

まとめ

デトックスの必要性を少しは感じていただけたのではないでしょうか?

現代社会では身の周りに有害物質がたくさんあり、

これらと無縁の生活を送ることはまず不可能です。

入れないように心がけるのも大切ですが、

しっかりデトックスできる環境を作りましょう!!

オンラインでのご予約はこちらから

24時間Web予約

髪についてのご質問お待ちしています。

髪についてお問い合わせはこちらから

キーワード検索

カテゴリー

スタッフ

アーカイブ

人気記事

今までのブログはこちら